発音の変化について調べる

英語 連結 脱落 同化で検索

発音記号は単語を発声するのには使用できるが、英文を話す際には使用できない。
というのも、英語は単語が並ぶことで、発音が変化するからだ。
代表的な物で連結や脱落、同化などと呼ばれるそうだ。

そこで、『英語 連結 脱落 同化』で検索して、上位10個(2017年4月現在)を見てみるとする。

1位:3.英語は発音が頻繁に変化する(連結・脱落・同化・消失)

発音が変化する仕組みとして、以下を紹介。

  • 連結(リンキング):単語のつなぎ目が『子音+母音』だと、くっついて一つの音になる。
  • 脱落(エリジオン):単語のつなぎ目で同じ音か似た音が連続する場合、片方を発音しない。
  • 同化(アシミリレーション):単語のつなぎ目で息の出し方が違う発音が続く場合、後の息の出し方に合わせる。 『t』や『d』の後ろに『y』の音が続くと、融合されて別の音になる。
  • 消失:『t』や『d』などは発音されなかったり、極めて弱くだけ発音される。単語のつなぎ目でなくても起こる。

2位:英語で悩むあなたのために/サイトマップ – FC2

様々な音声学的現象として、以下を紹介。

  • 連結:前の子音と後の母音がちょうどローマ字の「子音+母音」のように結びついた音となって聞こえる。
  • 脱落:性質の似た子音が連続して発音されるとき、片方(特に前)の子音が脱落してしまうことがある。性格には、無破裂の子音と破裂のある子音が連続的に発音されている。らしい。
  • 同化:近接した音同士が互いに影響を及ぼして、いずれか片方(あるいは両方)の音の質が変化してしまう。
    逆行同化:後ろの無声音[有声音]のため、前の有声音[無声音]が無声化[有声音]する。
    調音点の類似による同化:後ろの単語へスムーズに発音が移行しようとすることから前の単語の語尾が変化する。
    進行同化:無声音、有声音のいずれも声帯の振動の有無を保ったまま発音する。
    相互同化(融合同化):となりあった音が互いに影響して、 どちらの音でもない別の音になって合体する。

3位:音の連結 – 英語で悩むあなたのために/発音 – FC2

動画を使用して、以下を紹介。

  • 連結(Linking):ある単語が子音で終わり、その直後に母音で始まる単語が追いかける時、前の子音と後の母音が音のつながりを持つ。
  • 脱落(Elision):2つの単語が連続的に発音され、前の単語の末尾と次の単語の最初の発音が同じ音である場合、同じ子音を2回に分けて発音するのではなく、片方の子音が脱落することがある。
  • 同化(Assimilation):近くにある音同士が、影響を及ぼしていずれか片方あるいはその両方の音が変化してしまう。
    逆行同化(予期同化):後に続く無声音[有声音]の影響を受け、前の有声音[無声音]が無声音[有声音]となる(無声化[有声化])。意味的に区切られる場合は同化しない。
    進行同化:先に発音された音における声帯の振動状態をそのまま保って次の子音を発音する。
    相互同化(融合同化):前後の音が互いに影響を与えあって、どちらの音でもない別の音がそこに生まれる。特定の子音を半母音yが追いかける時に良く起きる。

4位:英語が聞き取れない原因はこれを知らないからだと思うよ!→英語発音変化のルール

発音の変化をマスターすることが、リスニング上達の近道になる。そうだ。そう信じたい。
脱落・連結・同化の説明の後、以下まとめを紹介。

  • 英語の音を聞き取るためには発音変化を学ぶことが大事
  • 発音変化を学ぶことも大事だが、なぜ変化が起きるのかを理解すると早い
  • 「この方が発音しやすい」という感覚をつかむためには、リズムの習得が必要

5位:「英語の音の変化」5つのパターン:短縮・弱化・脱落・連結・同化を知って英語のリズムに慣れよう!

英語の音の変化を大まかに5つで紹介。

  • CONTRACTION(短縮):音が省略される
  • REDUCTION(弱化):音が弱くなる
  • DELECTION(脱落)ELISION (消失):音が消える
  • LIAISON(リエゾン・連結):音が繋がる
  • ASSIMILATION(同化):音が変化する

6位:Liaison | 英語の発音 by llll – English Tutors Network

日本人が英語を聞きとれない最大の理由である音声変化(Liaison)は、連結(Linking)・脱落(Elision)・同化(Assimilation)の3つの種類に分けられる。とのこと。

  • 連結(Linking):単語と単語の音がつながること
  • 脱落(Elision):自然な会話スピードでは発音しなくなること
  • 同化(Assimilation):単語と単語の音がつながって別の音に変化すること

7位:英語の音声

音声・母音と子音・音の連続・アクセント・リズム・イントネーション・聴解・流暢さについて紹介。

8位:英語の音のリズムと変化になれる – あなたの英語も上達する!

英語はリズムを守ろうとする。日本語は、語と語の間隔が均等。
英語音声と文字の不一致。理論を知って実際の英語を聴いて上達させる。そうだ。

9位:英語音声学に基づく発音講座(5)音の変化とイントネーション

脱落・同化・連結が少しずつ説明されている。

10位:英語に関する質問

yahoo!知恵袋。

まとめると・・・

基本的には大きく3つのことを理解する。

  • 連結(Linking リンキング/リエゾン)
    ある単語が子音で終わり、その直後に母音で始まる単語が追いかける時、前の子音と後の母音が音のつながりを持つ。
  • 脱落(Elision エリジオン)
    2つの単語が連続的に発音され、前の単語の末尾と次の単語の最初の発音が同じ音である場合、同じ子音を2回に分けて発音するのではなく、片方の子音が脱落することがある。
  • 同化(Assimilation アシミレーション)
    近くにある音同士が、影響を及ぼしていずれか片方あるいはその両方の音が変化してしまう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*