ディクテーションについて調べる

ディクテーションで検索

ディクテーションという言葉は聞いたことがあるが、やり方がよくないと上達しないということもあるので、やり方を調べる。

そこで、『ディクテーション』で検索して、上位10個(2017年4月現在)を見てみるとする。

1位:ディクテーションのワナにはまるな!やり方と効果、そして注意点。

ディクテーションはリスニングに効果的だが、ディクテーションだけではリスニング力が伸びない。
逆にディクテーションばかりやりすぎると、一語一語を聞き取ろうとする意識が働き、逆効果となる。
など、ディクテーションをやる前にメリット・デメリットを理解し、学習に取り入れるよう書かれている。
最後はリズム音読と言う、英語のリズムを習得するための教材の紹介がされている。

2位:ディクテーション学習について|VOA|ナラボー・プレス

ディクテーションの正解率とTOEICスコア(=英語能力)のあいだには非常に高い相関関係がある。そうだ。
ディクテーション学習を続けることによって、リスニング力だけでなく、文法力、構文力、リーディング力が備わる…本当にそんなうまくいくのだろうか。簡単な学習方法が説明されている。が良く分からない。

3位:リスニング苦手な人はディクテーションで道は開ける!やり方・効果

ディクテーションの簡単な説明とディクテーション用のテキストの説明。
タイピングディクテーションと脳内ディクテーションの効率の説明。
最後にディクテーションが出来る無料サイトを紹介。

4位:英語ディクテーションの勉強におすすめの無料サイト : 英語上達.net

ディクテーションの勉強にオススメの無料サイトを紹介。
英語リスニング無料学習館

5位:英語のリスニングとディクテーション

リスニングとディクテーションの違い、それぞれの使い分けと学習方法を紹介。

6位:TOEICで900点を取るために、それでも私がディクテーションをやらなかった理由

ディクテーションはリスニング能力を高める上では効果的だが、自分のレベルに合った最適な教材を見つけ、長い時間をかけて学習する必要があり、気軽に出来るような学習法ではない。
珍しく否定的なコメントが書かれている。

7位:ディクテーションのやり方

ディクテーションのやり方、ディクテーションで見つけた弱点を強化する方法、おすすめのディクテーション教材が紹介されている。

ディクテーションのやり方

  1. 英文の音声を繰り返し聞く(3~5回が目安)
  2. スクリプトを見て聞き取れなかった箇所を確認
  3. 聞き取れない原因を分析する=弱点を見つける
  4. 弱点を補うための学習を行う

8位:ディクテーションは効率が悪いのにやる意味あるの?

タイトルはかなり否定的な入り出し。
しかし、内容を読むと【ディクテーションは「絶対に」やってください。】と言うぐらい。ディクテーションを推している。
具体的にやり方が書いているわけでもなく、やる意味があるか?に対して、あるとの記事。

9位:ディクテーションこそ最も効果的な学習法である

何度聞き返しても聞き取れない原因は、音が崩れる英語独特のルールを体得していないから。
ルールを体得するためにも、ディクテーションはとても役に立つ勉強方法。とのこと。
1~2分の英文を100個ほどディクテーションすれば、かなり基礎力がつく…体力勝負…。

10位:必ず英語学習の効果が上がる「ディクテーション」とは?

リスニング力強化だけではなくスピーキングやライティング、リーディングにも効果の高い勉強方法だが、多くの時間と根気が必要であり、慣れないうちは大変。でもディクテーションで英語力をつけましょう。だそう。

まとめると・・・

ディクテーションとは、音声で流れる英文を聞いて書き取る学習法であり、リスニング力を高めるためには効果的ではあるが、メリット・デメリットがあり、やりすぎには注意が必要。

本来の目的は、リスニング力を高めるのではなく、自分が聞き取れない発音を見つけ出すためのものであり、ある程度、自分の弱点が分かったら、控えめにした方がよい。

メリット

  • 聞いた音をそのまま文字に書き起こすため、リスニング力、ライティング力が向上する
  • 文法力、構文力、リーディング力も備わる

デメリット

  • 一語一語を聞き取ろうとする意識が働き、逆効果となる
  • 効果が現れるまでに多くの時間を要する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*