2017年 3月 の投稿一覧

発音記号について調べる

英語 発音記号で検索

発音記号は過去にも調べたことがあるが、改めて調べて、まとめてみよう。

まずは、『英語 発音記号』で検索して、上位10個(2017年3月現在)を見てみるとする。

1位:フォニックス教授と発音教室

母音26個と子音24個の発音記号と発音の仕方を紹介。
発音記号は、音声も聞くことが出来る。音声データをインストールすることも可能。
発音の仕方は、発音のコツ?と単語例3個が挙げられている。
無料・登録不要でPDF版の発音記号一覧シートもダウンロードが出来、印刷して使用することが出来る。

2位:【英語】 じつはカンタン!発音記号 がすべてわかる知恵ノート 【読み方】【覚え方】(YAHOO!知恵袋)

発音記号は基本的にはアルファベットと同じ形をしており、アルファベットと違う形をしているのは、
以下の母音5個と子音6個だけだそうだ。

  • 母音 ӕ ɑ ʌ ə ɔ
  • 子音 ʃ ʒ θ ð ŋ j

この11個について、記号の成り立ち?と発音の方法を説明している。

3位:英語の発音記号の読み方 – 日本人が苦手な発音のコツと単語例

発音記号の中でも発音や使い分けが難しい発音記号を、10のカテゴリーに分けて紹介。
各カテゴリについて、発音の仕方と単語例5個が挙げられている。

  1. 「ア」の発音の使い分け
  2. 長音の「アー」の発音の使い分け
  3. 「イ」の発音の使い分け
  4. 「ウ」の発音の使い分け
  5. 「オ」の発音の使い分け
  6. 2つの「シ」の発音の使い分け
  7. 「ラ行」をLとRを使い分けて発音する
  8. 「B」と「V」の発音の違いを明確にする
  9. 鼻から抜ける音をしっかり発音する
  10. 「th」を正しく発音する

4位:発音記号3時間マスター

番号順にページを見れば、約3時間程度で発音記号の読み方をマスターできるそうだ。
しかも、実際はもっと短く終えられる方がほとんどだと書いている。
内容は、そもそも発音とは、音声記号とはと言った、簡単な説明がまず入る。
その後、母音9個、二重母音8個、無声子音8個、有声子音8個、その他子音8個といった流れで、一つずつ細かく説明されている。記号の説明、舌の位置のイメージ図、動画によるネイティブ発音、英国と米国の発音の違いなど。

5位:一目で分かる!発音記号一覧早見表

タニケイさんこと谷口恵子さん(TOEIC ・TOEFLリスニング満点)と言う方が、タニケイ式発音記号一覧早見表というもの(母音21個と、子音24個)を公開されている。
英語らしく話すためには発音記号を知っているだけでは足りないけど、発音を知っておくことは必要だそうです。
細かい発音の説明はなく、『英語の発音が正しくなる本』と『ネイティブに通じる!英語口を作る発音トレーニング(著者:タニケイさん)』の2冊が紹介されています。

6位:英語の発音記号のコピペ用一覧表&辞書登録。

発音記号の勉強ではなく、パソコンで発音記号を入力する方法のサイト。
参考にする時が来るかもしれない。

7位:シリーズ・発音と綴りのルール (フォニックス)

6章立てでルールを説明している。が正直よく分からない部分がある。

  1. 発音記号の読み方・発音のしかた 母音編
  2. 発音記号の読み方・発音のしかた 子音編
  3. 母音字と発音の大原則
  4. 母音字+r の原則
  5. 発音とつづりのルール(フォニックス)母音編(2008年に更新中で止まっている)
  6. 発音とつづりのルール(フォニックス)子音編(未作成)

8位:発音記号を学んでくれっ!!!

『耳で聞いて理解できる人ばかりではないし、理解できていると錯覚しているケースも実は多い。幼少期にその言語を聞いていない場合、「聞いて学ぶ」より「論理的に勉強する」ことのほうが早いし確実なのです。』とのこと。
しかし、発音記号については触れず、プログラムへの参加と発音のテキストの紹介がされています。

9位:発音記号(Wikipedia)

ご存知の通りです。

10位:英語の発音と発音記号~ネイティブの発音をマスター

4位の発音記号3時間マスターと似た感じ。動画は同じものを使用している。
ただこちらは、一つ一つではなく、グループ毎に9回でまとめられている

  1. 短母音【 ʌ 】【 æ 】【 ə 】【 ɪ 】【 ʊ 】【 e 】【 ɒ 】
  2. 長母音【 ɑː 】【 ɜː 】【 iː 】【 uː 】【 ɔː 】
  3. 二重母音【 aɪ 】【 aʊ 】【 ɪə 】【 ʊə 】【 eə 】【 eɪ 】【 əʊ 】【 ɔɪ 】
  4. 無声子音【 p 】【 t 】【 k 】【 f 】【 s 】【 θ 】【 ʃ 】【 tʃ 】
  5. 有声子音【 b 】【 d 】【 dʒ 】【 ɡ 】【 v 】【 ð 】【 z 】【 ʒ 】
  6. 無声子音と有声子音の比較Ⅰ
  7. 無声子音と有声子音の比較Ⅱ
  8. その他の有声子音
  9. 英語の音節(シラブル)って何?

まとめると・・・

発音記号は約50個あり、大きく分けて

母音には『短母音』、『長母音』、『二重母音』

子音には『無声子音』、『有声子音』、『その他』

があるそうだ。

2位の【英語】 じつはカンタン!発音記号 がすべてわかる知恵ノート 【読み方】【覚え方】(YAHOO!知恵袋)によると、アルファベットで表わされる発音記号はローマ字読みと一緒と考えればよいみたい。

そうではないと書かれているものもあるが、細かい発音は、今後慣れていくとすると、10個程度を意識すればある程度発音はできるようになるということか。

他には、ローマ字読みの中でも『L』と『R』、『B』と『V』など、よく言われる聞き分けにくい発音は意識する必要がありそうだ。

1日1言覚えれば・・・

一日一言覚えれば話せます

ごもっともだ。

これが10年前から出来ていれば、今は3,650語は覚えている計算となる。

少しはまともな会話が出来ていたかもしれない。

一日でも早く始めなければ!

アプリを試してみた

最初の方は、続いたが・・・

反復が重要だと思い、前のもやり直す。

数十日目、反復出来ない言葉がかなり出る。忘れる。

今はいくつ思い出せるのか・・・

考え方は正しいのかもしれない

あまり多くの事を一度にやっても頭に入らない。

一言を確実に頭に入れていくのが大切なのかもしれない。

しかし、1日1言だと1年で365言となる。1日2言だと・・・と欲が出る。

出来ない日、効率を考えると1日1言より、1ヶ月で50言などと考える。

これがダメな気がする。結果どれもまともに頭に入らない。

これでダメなら諦めてください・・・

嫌です。何としても英語を話せるようになりたいのです!

上達出来る方法をいろいろ考えながら・・・

聞くだけで・・・

最近??流行りの聞くだけ教材

確かに、自分の子供を見ていても、聞くことはかなり重要と思われる。

ひらがなも読めない子供が、言葉の意味を理解し、気付けば親と対等に喋っている。

でも、流石に聞くだけでここまで行けるわけではない。

聞く以外に見たり、触ったり、嗅いだり、感じたり、5感をフル活用しているはず。

だから、聞くだけで英語が話せるわけがない!!と思いたい。

友人が車で聞いているのを一緒に聞いてみた

英語と日本語が交互に流れていく・・・

ラジオでは英語のすぐに後に日本語が流れるのがよいと言っていた。

分からない単語が出ても日本語ですぐに理解できるとのことだが、

私には日本語が頭に残り、英語の部分はどこかへ行ってしまう。

挙句の果てには、気付けば日本語だけを聞いている始末・・・

何人ぐらいの人の英語が上達しているのだろうか

騙されたと思ってやっていたら、ある時自然と英語が口から出る・・・

外国人同士の会話が隣にいて理解できる・・・本当か!?

その人たちは恐らく基礎は出来ていて、普段英語と触れ合う機会が少なく、

聞き続ける前からある程度、英語が聞きとれている人だと思われる。

確かにそれだと、聞き続ければ、上達しそうな気がする。たぶん。

英語力がついてきたら試してみよう

私にはまだ、聞くだけ教材は早いのだろう。

聞くことは過去いろいろ試したつもりだ。

車でCDを流したり、寝る前に聞いたり、寝てる間も流してみたり・・・

0ではないだろうが、たぶん基礎からやり直して、ある程度してからやるのがよい!

と思わずにはいられない。

1日○○分で・・・

1日○○分やれば英語が話せる教材

○○分を何日やればよいのだろうか。日数が書かれた本もある。

例えば、30日分のページがあって、1ページ5分で終わる様な本。

1日5分やって、1か月続ければ、本は読み切れる。

だとすれば1か月で英語が話せる!

そんなうまい話はない。

と思いながらも買ってしまう

英語が上達しない私には、とても気になってしまう。

数千円でそんな楽に話せるなら・・・

思わず手にとって、眺めながら、一度買ってみるかと・・・

そんな本がいつのまにか何冊も・・・

みんなバイリンガル

30日とは言わないが、1日5分で数カ月で英語が話せるなら、

英語で苦労している人は世の中にいない。

この原理が成り立つなら、英語だけではなく色んな国の言葉も話せるようになる。

受験の為に、毎日何時間も勉強する必要もなくなる。

私も大学受験の為に単語をひたすら覚えたが今となっては・・・

継続は力なり

結局英語というより言葉は日々の積み重ねでしかない。

海外暮らしが長くても日本に戻って話す機会が減れば忘れていく。

まずは続けることが肝心ととらえて、少しずつでも毎日英語に触れることにする。

 

これさえ覚えれば・・・

要点をいくつか覚えれば話せる教材

これは完全に人による気がする。

現に英語に長けた人が出している本で、要点の数も違えば、内容も違う。

立ち読みしてみて、なるほどと思えば、買っても良いかもしれないが、

私には何を信用して良いのか分からない。

要点が極端に少ない

たまにこれ一つを覚えればみたいなものも見かける。

読む気にもならない。

なんせその一つで一冊の本が出来ているからだ。

10個ぐらいだったら何かあるのかと思うが、それでも信用できない。

要点とは

基本として覚えるべきところは多々ある中で特に意識すべきところと解釈すると

英語を書くために、聴くために、話すために、それぞれ何か要点があるに違いない。

それが各著者の言っている事なのかもしれないが、理解に苦しむ。

まずは、多々ある基本を調べ上げてみるのがよいのかもしれない。